銀婚式

銀婚式は結婚何年目?お祝いのポイントやおすすめのプレゼントを紹介

銀婚式を迎えた夫婦にプレゼントを贈りたい、夫婦でお互いにプレゼントを贈り合いたいと考えている人もいるでしょう。しかし、何をプレゼントすれば良いのか迷ってしまいますよね。銀婚式にプレゼントを贈る場合には、気を付けるポイントやマナーがあるのでしょうか。

この記事では、銀婚式とはそもそも何なのか、銀婚式にプレゼントを贈る際のマナーや予算などを紹介します。おすすめのプレゼントも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

銀婚式とは?

銀婚式とは、簡単に言えば結婚記念日のことで、結婚25周年を祝うお祝いです。結婚何年目かによって呼び方が変わるのが特徴で、有名な結婚記念日としては「銀婚式」と「金婚式」が挙げられます。金婚式は50周年目の呼び方です。

結婚記念日としては銀婚式などがメジャーですが、実は結婚1周年目から名前がついています。たとえば1周年目は「紙婚式」、5周年目は「木婚式」、10周年目は「錫婚式(アルミ婚式))」と呼ばれています。

銀婚式の始まりは、明治時代

日本における銀婚式の始まりは、明治時代までさかのぼります。1894年(明治27年)頃に、明治天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式のお祝いを行ったのが始まりです。

結婚記念日を祝う風習自体は、ヨーロッパで発祥したとされており、現在の日本ではイギリス式を参考にしたお祝いが主流ですね。イギリスで結婚記念日の風習が始まった当初は、結婚5年目・15年目・25年目・50年目・60年目のみお祝いをしていました。これがアメリカに伝わった際、15年目までは毎年、15年目以降は5年ごとに祝う形に変わったと言われています。

銀婚式の特徴

結婚記念日発祥の地であるイギリスをはじめとしたヨーロッパでは、結婚記念日の名前にちなんだ物を贈り合うという風習があります。

銀婚式以降の結婚記念日には、サファイアやエメラルド、ルビーやダイヤというように宝石の名前が付けられており、宝石を贈り合うことが一般的です。銀婚式では、「銀」という名前にちなんだ品物、たとえばシルバーのネックレスや指輪、ブローチといったアイテムを贈り合うのが主流となっています。

銀婚式お祝いのプレゼントの予算は?

銀婚式のお祝いとしてプレゼントを贈る場合の予算は、10,000~30,000円程度が一般的です。しかし、結婚25周年目という節目を意識して、50,000円以上のプレゼントを贈るケースもあるなど、予算は人によって異なります。無理のない範囲で、喜んでもらえるプレゼントを選ぶと良いでしょう。

また、子どもから両親にプレゼントを贈る場合や、友人などに贈る場合は、10,000円より少ない予算でも問題ありません。

銀婚式のお祝いの仕方とポイント

銀婚式をお祝いする場合、どのようにお祝いをすれば良いのかわからないという人も多いでしょう。お祝いやプレゼントに関するマナーがあるため、しっかり把握しておくと安心ですね。ここでは、お祝いやプレゼントを贈る際のマナーについて紹介します。

どうやってお祝いする?

銀婚式のお祝いでは、お祝いのプレゼントを贈るだけでなく、普段は利用しないようなホテルやレストランでの外食など、特別感のある場所でお祝いをするケースも多いようです。また、夫婦2人ではなく家族や親せき、親しい友人、これまでお世話になった人たちなどを招いて、銀婚式をお祝いを盛大に行うケースもあります。家族でお祝いをする場合には、ホームパーティーをしたり家族旅行を計画したりと、家族みんなが楽しんでお祝いできるようにすることも多いようですね。

プレゼントを贈る際には、お手紙やメッセージを添えると良いでしょう。夫婦同士では「いつもありがとう。愛しているよ」や「これからも末永く仲良く暮らそうね」などといった、普段は照れくさくて言えないような気持ちを素直に言葉にして伝えることで、より絆が深まりますよ。

家族や友人とにぎやかにパーティーをするのも良いですが、夫婦水入らずでゆっくりとお祝いするのも素敵ですね。新婚旅行で訪れた思い出の地に旅行するなどすると、新婚当初の思い出がよみがえって話に花が咲くのではないでしょうか。

プレゼントを贈る際のマナー

銀婚式のプレゼントを贈ったり贈り合ったりする場合にはマナーがあるのでしょうか。せっかくのお祝いですから、マナーを踏まえた上で喜ばれるプレゼントを贈りたいですよね。ここでは、プレゼントを贈る際のマナーやプレゼントにふさわしくないものについて紹介します。

お祝い事にふわわしくないものは避ける

お祝い事の際には、「苦」や「死」などを連想させる「櫛(くし)」や、弔事の際に用いられるお茶などもふさわしくないとされています。また、ハンカチは漢字で「手巾」と書き、手切れを意味することから銀婚式などの祝い事には不向きです。そのほかにも、包丁やハサミなどの刃物や割れやすい陶器などは、2人の仲を引き裂く、2人の仲が壊れてしまうという連想につながるため、避けましょう。

これらの品物は、銀婚式に限らずお祝い事の贈り物としてふさわしくないため注意が必要です。また、お祝い金を包む場合には、4や9といった縁起がよくないとされている数字や、割り切れる偶数は避けることがマナーです。

熨斗(のし)をかけるとより特別感が出る

贈り物には、「熨斗(のし)」をかけると良いでしょう。熨斗は必ずやらなければいけないことではありません。しかし、正式な贈り物には熨斗をかけることでより丁寧になり、特別感を演出できます。

また、水引は紅白・蝶結びのものを選びましょう。何度あっても良いお祝い事の際には、結びなおせる超無杉の水引を選ぶのがマナーです。表書きには「祝銀婚式」もしくは「銀婚式御祝」と書き、下書きには送り主の名前を書きます。

銀婚式にぴったりなプレゼントは?

銀婚式には、夫婦でプレゼントを贈り合ったり、子どもから両親へ贈ったりしますよね。その際に、何を選べば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。銀婚式という特別なお祝いだからこそ、喜ばれるものを贈りたいものです。銀婚式では、銀製品ペアアイテムなどがおすすめです。以下では、銀婚式にぴったりなプレゼントを紹介します。

銀製品

銀婚式では、「銀」の名前にちなんだ銀製品の贈り物が定番です。シルバーはプラチナやゴールドよりもリーズナブルで比較的手に取りやすく、贈り物としても向いています。銀製品ではなく、銀色のアイテムでも構いませんよ。

銀製品で代表的なものといえば、「ペアリング・指輪」ですね。銀婚式という大きな節目に、新しいペアリングを2人で購入するのもおすすめです。新婚当時を思い出して初々しい気持ちになれますし、新たにペアリングをつけることで2人の絆がますます深まりますね。ペアリングを購入する際には、「イニシャル」「結婚記念日の日付」「短い英語メッセージ」などを刻印することでより特別感が出るため、銀婚式の際にはおすすめです。

銀食器やシルバーのカトラリーセットなどもプレゼントにはぴったりです。マグカップやタンブラーなどの食器類を、ペアでそろえるのもすてきですよ。

ワイン

お酒が好きな人の場合には、ワインもお祝い事のプレゼントにぴったり。たとえば、結婚25周年にちなんで25年もののオールドビンテージワインを選ぶなどすると、ロマンチックですよね。また、ラベルに名入れや写真を彫刻したり、メッセージを添えたりすることのできるものもあるので、プレゼントにも向いています。

ワインだけではなく、シャンパンや日本酒、焼酎、ジュースなどでも、オリジナルラベルギフトは購入できます。お酒は好きだけどワインは苦手、お酒はあまり飲まないという人もいるため、相手の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

花のギフト

花や花束は、結婚4周年の「花婚式」に贈るのが一般的ですが、もちろん花婚式以外の贈り物としても向いています。銀婚式に限らず、毎年の結婚記念日に贈っているという人もいるでしょう。年数ごとに花の本数を増やす、花言葉で思いを伝えるなどするとロマンチックですてきですよね。

銀婚式では、「銀」にちなんでグレーやホワイトなど銀を連想させるような色のお花を選ぶのもおすすめです。また、生花よりも長く楽しめて水換えの手間がないプリザーブドフラワーや、ブーケなども人気ですね。生花と違い前もって用意できる点もメリットです。

ペアの食器類

ご両親の銀婚式祝いのプレゼントならペアの食器類もおすすめで、箸や茶碗が定番です。食器類は毎日使うもので実用性が高く、喜んでもらいやすいプレゼントです。

せっかくのご両親の銀婚式祝いなので、ちょっと高価で特別感のあるものを選びたいと考える人も多いのではないでしょうか。伝統工芸の箸や茶碗は自分ではなかなか購入しないアイテムですし、高級感や特別感があっておすすめですよ。名入れできるものもあり、子どもたちからの世界にひとつだけのプレゼントとして、ご両親も喜んでくれることでしょう。

銀婚式のプレゼントおすすめ11選

ここからは、銀婚式のプレゼントにおすすめの品を紹介します。銀婚式の定番である銀製品から、ペアアイテム、特別感のあるペアの食器類まで幅広い商品を紹介するので、ぜひ銀婚式のプレゼント選びに役立ててください。

ダイヤモンドリング ペアリング 刻印

銀婚式の定番である、シルバーのペアリング。シンプルなデザインのダイヤモンドリングは、年代を問わずになじむため、銀婚式のプレゼントとしてもぴったりです。

非常にシンプルなデザインではありますが、確かな輝きを放つダイヤモンドが銀婚式の特別感を演出しています。刻印サービスによって、リングの内側に名前や日付、メッセージなどを刻印することも可能で、夫婦2人だけの特別なペアリングに仕立てることができますよ。

iittala イッタラ Citterio 98 チッテリオ ギフトセット 16点セット シルバー カトラリー

フィンランドを代表する「iittala」は、国境や時代を超えて愛されているブランドです。シンプルかつ清潔さのあるデザインが特徴で、手に持った時の心地よさや使い勝手のよさも魅力ですよ。

「ディナースプーン」「ディナーフォーク」「ディナーナイフ」「コーヒースプーン」が4本ずつ入った16点セットのシルバーカトラリーで、さまざまなシーンで活躍できます。また、傷が目立ちにくいようにマット仕上げがなされているので、普段使いもしやすいですね。

クリストフル パール 08 ティースプーン & ケーキフォーク 2点セット

クリストフルは、1830年創業の伝統ある貴金属・テーブルウェアメーカー。「卓上の芸術品」とも呼ばれる確かな品質と、シンプルかつ優美さを持つデザインが人気です。

クリストフルのなかでも人気のパールシリーズは、カトラリーの輪郭をパールのネックレスが縁取っているような優雅なデザインとなっており、使う人の心を華やかにしてくれます。女性的でエレガントなデザインのため、夫から妻へのプレゼントとしてもぴったりですね。

COACH 腕時計 メンズ

妻から夫へのプレゼントなら、腕時計もおすすめですよ。COACHはニューヨークのマンハッタンで1941年に誕生したブランドで、腕時計以外にもバッグや財布などを取り扱っており、知名度の高いブランドです。そのため、銀婚式というお祝い事のプレゼントとしても向いています。

COACHのメンズ腕時計は、大人っぽくてスマートな印象。シンプルなシルバーケースの腕時計は、年齢や服装問わずに使いやすくなっています。

本錫 タンブラー ペジーブル中ペア

本錫(ほんすず)製のペアタンブラーです。本錫ならではの優しい輝きを放つタンブラーは、波模様のような独特の見た目をしており、しっとりと手になじみます。

本錫は銀に近い色のため、銀婚式のプレゼントにもぴったりです。また、本錫は錆びたり黒ずんだりすることがなくお手入れも簡単なため、末永く愛用できるでしょう。そのため、子どもからご両親に「これからも末永く仲良くしてね」という気持ちを込めて贈るのもすてきですね。

九谷焼 金唐草 ペアマグカップ

九谷焼とは、石川県加賀地方で生産されている陶磁器です。色鮮やかな絵が描かれる上絵付けが特徴で、和絵具の重厚な輝きと華やかな色彩、大胆でありながら優美な文様が美しい伝統工芸品として知られています。

こちらのペアマグカップは唐草模様が金で描かれており、華やかながら優しい印象があります。吉祥文様として知られている金唐草が描かれているマグカップは伝統工芸品らしい高級感もあり、銀婚式のお祝いの品としてもぴったりですね。

アンドレボノム マコン・ヴィレ 1997 シャルドネ

アンドレ・ボノムが手がけた、フランス・マコネ地区の熟成白ワインです。ナッツやクリームブリュレ、マロン、密などの香りが融合したワインは、芳醇な香りが特徴です。また、酸味と甘みのある果実感が絶妙なバランスで交じり合っており、アンドレ・ボノムらしいボリューム感を感じさせます。

星付きレストランでも採用されていた25年物の白ワインは、銀婚式の特別感を演出するワインとしても適しており、プレゼントにもぴったりですね。

名入れワイン

ワインボトルに文字やデザインを彫刻する名入れワインです。名入れすることで、世界にひとつだけの特別なワインに仕上がります。

ご夫婦の名前はもちろん、結婚記念日の日付や結婚記念日にふさわしい装飾も彫刻できるため、とても華やかで銀婚式のプレゼントにもぴったりですね。ワインを飲み終わったら、彫刻されたワインボトルを花瓶にして利用するなどして、銀婚式の思い出として飾っておくことも可能ですよ。

プリザーブドフラワー フレーム

生花よりも長持ちして、お水の入れ替えなどの手間がかからないプリザーブドフラワーのギフトです。木製のフレームに収められたプリザーブドフラワーは、環境にもよりますが2~3年は鮮やかな色彩や生花のようなみずみずしさを保つため、長く楽しむことができますよ。

ホコリが入らないように前面にはガラスプレートが入っているため、飾りやすいのもポイントです。銀婚式にもぴったりな白を基調としたプリザーブドフラワーもあります。

とんがり先細箸ペアセット(日本製木曽うるし箸)【黒23cm、赤23cm】 職人手作り

木曽の伝統工芸士がこだわり抜いて仕上げた、木曽うるし箸のペアセットです。箸先が細く研がれているため、小さな食べ物も掴みやすくとても使い勝手がよくなっています。持ち手の部分は色漆仕上げ、箸先は美しい木目が見えるすり漆仕上げです。

木地をやすりで研磨して整えたのち、ホコリなどが入らないように細心の注意を払って色漆を塗り上げるなど、伝統工芸士のこだわりと確かな技術で、美しい艶のある仕上がりを実現しています。

<真右エ門窯>玳玻天目・白天目 組茶碗(夫婦茶碗)

伝統工芸品である有田焼の夫婦茶碗です。真右エ門窯は1972年から始まった有田焼の窯元で、ルビー色の辰砂(しんしゃ)や結晶釉(けっしょうゆう)などの窯変物を中心に、釉薬を巧みに操る釉彩の技法を得意としています。

宝石のような美しさを放つ陶磁器は、銀婚式の贈り物にもぴったりですね。玳玻天目は、べっ甲のような発色が特徴的で高級感のある見た目で、白天目は白水滴の結晶が連なって花びらのように見える美しい茶碗です。

ハレトケギフトで銀婚式にぴったりのすてきなプレゼントを贈ろう

銀婚式は結婚25周年を祝う特別な祝い事です。銀婚式には特別な日にふさわしいすてきなプレゼントを贈りたいですよね。銀婚式のプレゼントとして、伝統工芸品はとても魅力的です。

職人の確かな技術で作られた伝統工芸品は、使いやすいだけでなく高級感や特別感もあります。夫婦茶碗やペアの箸、タンブラーなどさまざまな伝統工芸品があるため、銀婚式のプレゼントとしてぜひハレトケギフトで選んで贈ってみてくださいね。

-銀婚式