還暦祝い

還暦祝いを贈られたらお返しはするべき?人気&おすすめの返礼品を紹介

日本には返礼品の文化があります。今まで結婚内祝いや出産内祝いなどのお返しをしてきた経験があると、「還暦祝いをもらったら、お返しをするべき?」と悩む人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、一般的に還暦祝いのお返しは必要ありません。もともと還暦祝いは家族がお祝いするものでした。相手が家族であれば感謝の気持ちをきちんと伝えるだけでよく、お返しは必要ないと考えられています。

しかし、会社の同僚や友人など家族ではない方にお祝いしてもらうケースもあるでしょう。そのようなときはどう対応したらよいのでしょうか。この記事では、還暦祝いのお返しのマナーと、返礼品として人気を集めているおすすめのギフトを紹介します。

還暦祝いをいただいたら、お返しはするべき?

還暦祝いのお返しは、子どもや孫などの家族に対しては必要ありません。還暦をはじめとした長寿祝いは本来、家族で集まってお祝いをする慶事です。家族に対しては金銭やモノによるお返しは不要とする考え方が一般的なため、あらためて品物などを用意しなくてもよいとされています。お祝いに対する感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

ただし、還暦のお祝いをしてくれる人は家族だけとは限りません。会社の方や友人からお祝いをいただいた場合は、内祝いとしてお返しをするほうがマナーに適っています。「ありがとう」の気持ちを込めて返礼品を選びましょう。

還暦祝いのお返しの相場はどのくらい?

還暦祝いのお返しは「内祝い」として贈ります。内祝いとは本来、家庭内で慶事が合った際に、その喜びを周りの方へ共有するためにプレゼントする贈り物のことです。かつてはお祝い品の有無にかかわらず贈るものでしたが、近年はお祝いに対するお返しの意味合いで使われる言葉となってきました。

内祝いの相場は、いただいた品物の金額の半額から3分の1程度が基本です。たとえば1万円の還暦祝いをいただいたのであれば、3,000~5,000円程度で返礼品を選ぶようにしましょう。

還暦祝いのお返しはどんな品物がいいの?

次に還暦祝いのお返しに相応しい品物の選び方を紹介します。よく選ばれている品物は、食べたり使ったりするといずれは無くなる「消えもの」と呼ばれるものです。たとえばお菓子やお酒などの飲食物や、タオルなどの日用品が挙げられます。

お返しのお菓子を探す際は、縁起のよいものにも目を向けてみましょう。たとえば還暦祝い自体にもよく贈られるバームクーヘンは、年輪のような形から長寿の象徴とされる縁起のよいお菓子です。「縁起ものをおすそ分けする」という意味を込めて、内祝いにも選ばれています。和菓子だと、紅白まんじゅうも還暦の内祝いにぴったりです。「寿」や「祝」の焼き印を入れれば喜びを伝えられます。

飲食物や日用品以外では、箸や食器などの日常的に使える実用品もお返しとして人気です。いずれ無くなるもの、すぐに使えるものであれば、お返しをされる方も気軽に受け取れるでしょう。

お返しにクオカードや商品券を贈りたいと考えている方もいるかもしれません。金券類のお返しはマナー違反ではありませんが、贈る相手を考慮する必要があります。金額がはっきりと分かってしまうため、思いが伝わりにくく、事務的にお返しされたと誤解を招く可能性もゼロではありません。目上の方への内祝いや、いただいた還暦祝いの相場が不明な場合は避けた方が無難です。

還暦祝いのお返しには熨斗(のし)は必要?

還暦祝いのお返しは、内祝いとして熨斗を付けて贈ると丁寧です。熨斗の水引は、紅白の蝶結びを選ぶ用にしましょう。表書きは「内祝」や「還暦内祝」、「寿」などが一般的です。お返しをする相手が喪中の際は「御礼」とすれば失礼になりません

お返しには、できればメッセージカードやお礼状を添えるようにしましょう。ご自身の言葉でお礼の言葉を綴れば、感謝の思いがより一層伝わるに違いありません。

還暦祝いのお返しはいつまで贈るべき?

そもそも内祝いは、頂いてから1週間から1ヵ月以内の間にお返しを贈るのが一般的です。還暦の内祝いもこれに習って手配するようにしましょう。

60歳の誕生日よりも前に還暦祝いをいただいた場合は、誕生日を過ぎてからお返しをしても間違いではありません。この場合は誕生日を過ぎてから早めに手配するとよいでしょう。

還暦祝いのお返しに人気&おすすめのギフト10選

ここからは還暦祝いのお返しに相応しい、人気の贈り物を紹介します。品物選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

ねんりん家 バームクーヘン マウントバーム しっかり芽

縁起のよい意味のあるバームクーヘンをお探しなら、2007年に誕生したねんりん家の「マウントバーム しっかり芽」はいかがでしょうか。「バームクーヘンのフランスパン」ともいわれるこちらのお菓子は、カリッとした皮と熟成した生地のハーモニーが美味しい逸品です。

まるでフランスパンのような食感と、しっとりした生地、芳醇なバターの香りには、スイーツ好きな方も舌鼓を打つに違いありません。ねんりん家ならではのこだわりをまっしぐらに発揮した代表作は、喜びを伝える還暦内祝いにぴったりです。

紅白上用饅頭2個箱

人生で初めて迎える還暦をお祝いしてくれたお礼には、人生の節目に相応しい紅白饅頭もおすすめです。京都の和菓子 京みずはが贈る「紅白上用まんじゅう」は、紅白の縁起のよさだけでなく、素材にも徹底的にこだわり抜いて作られました。

紅の饅頭は粒あん、白い饅頭はこしあんを用意し、さらに白あんで包んで生地に詰めています。生地には山芋を使うことで、しっとり感あふれる食べ応えに仕上げました。風味豊かな小豆とふんわりした生地の組み合わせは、非常に上品で美味しいと好評です。

プチギフト カステラ 個包装 

複数人から連名で還暦祝いをいただいた際は、一人ひとりにお返しするのが一般的です。会社の方からのお祝いであれば、個包装のお菓子を職場へお持ちして配る方法でも問題ありません。

「プチギフト カステラ 個包装」は、連名のお祝いに対するお返しにぴったりなギフトです。カステラ1切が個包装でそれぞれラッピングされていて、上質感と丁寧さを感じさせてくれます。メッセージシールを貼れるため、一目で感謝を伝えられる点も喜ばれています。

今治タオル フェイスタオル2枚セット

食べ物や飲み物の好みがよくわからない相手には、還暦祝いのお返しにタオルを贈ってはいかがでしょうか。日本の伝統工芸品のひとつである今治タオルとは、愛媛県今治市にて歴史ある製造方法で作られたタオルのことです。

今治の上質な軟水を使って仕立てられた今治タオルは、ふんわりと柔らかく、見た目も美しいという特徴があります。日常的に使いやすいフェイスタオル2枚セットは、相手に取っても受け取りやすい贈り物です。

カタログギフト お酒を選べる 銘酒

お酒が好きなことは知っているものの、好みのお酒がわからない……。そのような方への還暦祝いのお返しには、好みのお酒を選べるカタログギフトがおすすめです。こちらのカタログギフトなら、日本酒、ワイン、焼酎、リキュール、ブランデーなどの幅広いジャンルからお酒を選んでもらえます。

万が一、好みのお酒が掲載されていなかったとしてもご安心ください。厳選したおつまみをお取り寄せすることもできるため、普段の晩酌のおともとして楽しんでもらいましょう。

細身色漆箸 日本製 職人手作り

お箸は「幸せの橋(=箸)渡し」という語呂合わせや、「たくさん食べて元気でいてほしい」という願いから、縁起のよい贈り物とされています。もちろん日常的に使うものなので、還暦内祝いにも最適です。

こちらのお箸は、長野県・木曽の伝統的な漆塗り技術を用いて仕立てられました。持ち手は色の着いた漆、箸先は透明な漆を使い、端から端まで漆が施されています。プロの職人が1膳1膳作り上げた漆箸は、繊細で上質な質感と心地よい使い心地が魅力です。

波佐見焼 日本製 勲山窯 カップ 湯呑み

長崎県・波佐見町で作られている伝統的な焼き物、波佐見焼は、現代的な食卓にも合う鮮やかな色やデザインが特徴です。軽くて日常使いしやすい食器が多いため、還暦祝いのお返しとしても贈りやすいでしょう。

こちらのカップは、マグカップや湯飲み、お酒用のグラスとしても活用できるモダンなデザインが魅力です。ストライプ模様は凹凸を作る技術で作り上げられていて、繊細な技術を肌で感じられます。

【美濃焼 食器 陶器】結 9豆皿 日本製

美濃焼は岐阜県に伝わる伝統工芸品です。日本に流通している陶磁器の半分以上が美濃焼ともいわれるほど、日常に根付いた焼き物でもあります。そのような美濃焼の豆皿「結」は、水引を編み込んだようなデザインが魅力です。

古来、水引は魔除けや人と人を結ぶという意味合いで使われてきた側面があります。豆皿「結」は、これからもご縁を大切にしていきたい方へのお返しにもぴったりです。

山中塗 欅汁椀

還暦祝いに対する感謝と、毎日の食事を楽しんでもらいたいという気持ちも込めて、山中塗のお椀を内祝いにしませんか。山中塗は約400年前から石川県に伝わるといわれている漆器です。木の模様を活かして漆を塗る技術が特徴で、美しく強いお椀に仕上げられています。

そもそも漆塗りの木のお椀は、一般的な食器類の中でも割れにくく欠けにくいため、縁起がよいものです。これからも関係を大切にしていきたい方へのお返しにもおすすめです。

日用品の返礼品なら伝統工芸品を贈ろう!ハレトケギフトにも多数取りそろえ!

還暦祝いの内祝い品は、あまりに簡素だと感謝が伝わりにくく、高級すぎると相手に気を使わせてしまいます。相手に快く受け取ってもらうには、お菓子などの消えものやタオル、食器などの日用品からセレクトしましょう。

ただし日用品といっても内祝いです。お祝いをくださった方の毎日が、普段よりも少し上質なものになるような返礼品が喜ばれます。選択肢に迷ったら、歴史のある伝統工芸品からお返しを選んでみてはいかがでしょうか。

通販サイト「ハレトケギフト」では、内祝いとして贈りやすく、格式のある伝統工芸品を数多く取りそろえています。還暦祝いのお返しが決まらない方は、ぜひハレトケギフトにもお立ち寄りください。

-還暦祝い